おさえておきたい六輝の意味 | スタッフブログ|名古屋市の結婚式場|ゲストハウスウエディング|ビアンカーラ|BIANCARA

名古屋の結婚式場「ビアンカーラ」のスタッフブログ。


おさえておきたい六輝の意味

皆様こんにちは!

いつもビアンカーラスタッフブログを

ご覧いただきありがとうございます!

 

 

 

結婚式の日程を決める時に気になるのがお日柄です

最近は特に気にしないという方も増えてきていらっしゃいますが

ご両親や年配のゲストの中には気になさる方が多いようです!

 

本日はよく耳にする「大安」や「仏滅」を含む

暦に記載されている吉凶の意味

「六輝」について詳しくお話しします!

 

 

六輝とはカレンダーに記載されている

大安友引・先勝先負・赤口・仏滅

6種の日の事を言います!

物事を行う日取りを選ぶ際に

吉凶の判断の元となります

 

平安時代の陰陽師である安倍晴明が

中国から日本に広めたとされています

六曜(ろくよう)は 六輝の元々の呼び方で

主に七曜が利用されるようになったことから

これと区別するために六輝と言われるようになりました

 

 

◇六輝の意味◇

 

・大安(たいあん)

万事において終日吉とされいる

すべてが穏やかに運ぶ大変おめでたい日であり

六曜の中で最も吉の日とされる

特に婚礼は大安の日を好んで行われることが多い

 

・友引(ともびき)

結婚式などの慶事には大安に次ぐ吉日で

朝晩は吉だが正午は凶とされる

本来は先勝・先負の間に入って勝負なしの日という意味だったが

いつのまにかその意味を取り違えて友を引くということで

結婚式には喜ばれるよう日になった

 

・先勝(さきがち、または、せんしょう)

何事も急いで早く事を行うと良いとされる日

午前中は吉 午後は凶とされる

 

・先負(さきまけ、または、せんぷ)

先勝とは逆に午前が凶 午後が吉とされる

万事において平静であることが良いとされ

急用や勝負事は避ける

 

・赤口(しゃっこう)

一般的に厄日とされ 何事も避けたほうが無難な日

特に祝い事には大凶とされている

午(うま)の刻(11時~13時)のみ吉で

それ以外は凶とされる

 

・仏滅(ぶつめつ)

すべて凶である日とされる

結婚式などの慶事は避けたほうが良いとされる

 

 

 

結婚式は大安に行うもの!というイメージがありますが

最近ではあまりお日柄にはこだわらず

仏滅でなければいいというのが

最近のスタンダードになっています♪

 

しかし ご両親やご年配の方のなかには気にする方も

いらっしゃいますので多少考慮が必要になると思います...!

 

人それぞれ さまざまな意見がありますが

ご両家の話し合いでしっかりと検討して

皆様に喜ばれるステキな結婚式を目指しましょう☆

 

 

_DSC4137.jpg

 

 

 

名古屋で一番のゲストハウス
BIANCARA HILLSIDE TERRACE 
   
フェアの詳細はこちら! 


INFORMATION
メールはこちら
ブライダルフェア開催中