スタッフブログ|名古屋市の結婚式場|ゲストハウスウエディング|ビアンカーラ|BIANCARA

名古屋の結婚式場「ビアンカーラ」のスタッフブログ。


~日本の結婚式~

皆様こんにちは!

いつもビアンカーラスタッフブログを

ご覧いただきありがとうございます!

 

本日は日本の結婚式の歴史について

お話いたします☆

 

P086_0044.jpg

 

★古代 

結婚式の起源は日本神話にあり

『古事記』や『日本書記』に描かれた

伊邪那岐命(いざなぎのみこと)と

伊邪那美命(いざなみのみこと)の

国生み神話にあると言われています!

 

天の御柱を伊邪那岐命が左から

伊邪那美命が右からまわり

出会ったところで「かわいい娘よ」「いとしい方よ」と

呼び合って結ばれたという場面が

結婚式の起源とされています♪

 

 

★平安時代

平安時代は男性が女性の家に通うのが一般的で

結婚する際は妻のもとに3日も続けて

通わなければなりませんでした...

その間女性の家では夫とその従者をもてなし

3日目に「露顕(ところあらわし)」という宴を開きました

 

これは現在の披露宴のようなもので

新郎新婦のお披露目が行われていたそうです◎

 

 

★江戸時代 

江戸時代は「祝言(しゅうげん)」という

家で行う結婚式が中心でした

身内と仲人だけの簡素な祝いの席がもうけられ

なんと!新婚生活の初日の夜9時頃から行われていました!!

 

武家は結婚と同時に嫁ぎ先で暮らす「嫁入り婚」なのに対し

一般庶民は婿が妻の実家で生活する「婿入り婚」が大多数!

夫の家に嫁入りするのは

姑から家事一切を任されるときです◎

その際に親戚縁者を招いて嫁のお披露目を兼ねた

祝宴が行われていたそうです♪

 

 

★明治時代

1885年に日本ではじめて

正式な結婚式として規定されたのは

仏前結婚式でしたが

普及したのは神前結婚式です

 

1900年 嘉仁親王と九条節子公爵令嬢(後の大正天皇と貞明皇后)は

皇族の慣例に従い神の前で夫婦の誓いをたてる

「結婚の儀」のもとで結ばれました

すると市民から神前挙式の要望が高まり

東京大神宮(当時は神宮奉賛会)が

一般向けに結婚の儀式を新たにつくりました

この様式が一般に広まり

現在の神前式が定着したそうです!

 

 

日本の結婚式の歴史はとても長くて

今日に至るまで様々な形へと変化してきました

でも幸せなおふたりを祝福することに変わりはありません^^

 

ビアンカーラでもたくさんのカップルの幸せを祝福してきました☆

これからも素敵な結婚式のお手伝いが

出来ますように...♪

 

 
 
 
 

名古屋で一番のゲストハウス

BIANCARA HILLSIDE TERRACE
 
 フェアのご予約はこちら

Macaroon tower+.゚

皆様こんにちは!

いつもビアンカーラスタッフブログを

ご覧いただきありがとうございます!

 

カラフルなマカロンは

みんなが大好きな可愛いスイーツですが

タワーにして積み上げると

結婚式にふさわしいアイテムになるんですよ♪

 

今回はマカロンタワーについてご紹介致します☆

 

 

  

_DSC3531.jpg

 

 

 

マカロンタワーとは

名前の通りマカロンを積み上げたもののこと

 

もともとはフランスの結婚式の伝統的な

ウェディングケーキである

クロカンブッシュ(小さなシュークリームを積み上げたもの)を

模して生まれたものなんです!

 

クロカンブッシュとは「口の中でカリカリするもの」という意味で

積み上げられたシュークリームの高さが高いほど

たくさんの人に祝福され 幸せになれると言われています♪

 

また「シュー」は「キャベツ」という意味があり

欧米では子孫繁栄と豊作を願うアイテムとしてよく用いられます!

 

マカロンタワーもそれにならい

子孫繁栄と祝福の意味で使われるようになりました^^

 

 

本当に食べられるマカロンタワーを

ウェディングケーキとして使う場合もありますし

フェイクのマカロンでタワーを作り

ウェルカムスペースの演出として

用いる新郎新婦もいらっしゃいます!

 

 

カラーバリエーション豊富なマカロンを使うと

結婚式のテーマカラーに合わせやすいのがメリットです◎

ウェディングケーキやウェルカムスペースの演出にお悩みの方は

可愛いマカロンタワーを取り入れてみるのはいかがでしょうか?

 

ご参考までに...☆

 

  

 

名古屋で一番のゲストハウス
BIANCARA HILLSIDE TERRACE
 
 フェアのご予約はこちら

 

笑顔になれるバルーン*。☆

皆様こんにちは!

いつもビアンカーラスタッフブログを

ご覧いただきありがとうございます!

 

 

結婚式の定番演出のひとつ

みんなで一斉にバルーンを放つ 「バルーンリリース」

ビアンカーラでも大人気の演出です☆

 

実はこの「バルーンリリース」にも

ちゃんと理由があるのはご存知でしたか?

 

 

_DSC3475.jpg

 

 

 

バルーンリリースには

≪ふたりの幸せが天まで届きますように≫

という意味や

≪空に飛んでいくものに願いを込めると願いが叶う≫

という意味があるんです!

 

意味を知っていると

よりいっそう特別なものに感じますよね♪

 

 

「飛ばした風船はどうなるの?」

「環境問題にはならないの?」

と心配される方もいらっしゃると思いますが

ビアンカーラでは自然環境に配慮した

自然に還る素材の風船を使っておりまので

ご安心くださいませ!

 

 

バルーンリリースは

参加するみんなが笑顔になり

気持ちがひとつになる瞬間を味わえる

とっても素敵な演出です♪

 

おふたりの結婚式にも取り入れてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

名古屋で一番のゲストハウス
BIANCARA HILLSIDE TERRACE
 
 フェアのご予約はこちら

気を付けたい〈数字〉について

皆様こんにちは!

いつもビアンカーラスタッフブログを

ご覧いただきありがとうございます!

 

結婚式や出産祝い 快気祝などの慶事には

幾つかのマナーがあります

そのひとつが数字です

特に縁起の悪い数字は要注意!

 

本日は気を付けたい数字について

お話させていただきます

 

 

P042_0011-2.jpg 

 

 

≪縁起の悪い数字≫

 

おめでたい席に絶対にNGなのが「4」と「6」と「9」

 

日本では「4」は「死」につながるとして

忌み数とされています

しかも割り切れてしまう偶数でもあることから

結婚式ではもっとも避けるべき数字とされています

 

「6」は獣の数字を意味し

堕落や悪魔を指す数字でもあると言われていて

慶事では避けるべき数字です

 

また「9」は「苦」に通じるため

こちらも忌み数とされています

 

 

  

≪偶数≫ 

 

できれば避けたいのが偶数です

「割りきれる」ことの出来る数字は

「分かれる」「割ける」というイメージがあり

特に結婚祝いなどのご祝儀で現金を包む際

タブーとされていますので注意が必要です!

 

でも「8」は末広がりでおめでたいとされているため

使っても問題ありませんよ^^

 

 

結婚式で数にまつわることが出てきたら

まず「奇数」を選んでおけば間違いありません!

日本では奇数は割り切れないので縁起のいい数とされています

 

「三三九度」もすべて奇数ですよね☆

ですから「苦」を意味する「9」を除いた

「1」 「3」 「5」 「7」を選べば問題ありません!

特にラッキーセブンの「7」が好まれています♪

 

 

引き出物の点数からご祝儀の金額まで

結婚式では数にまつわることがたくさんあります

〈数字〉にも気を配って素敵な結婚式にしましょう!

 

 

 

名古屋で一番のゲストハウス
BIANCARA HILLSIDE TERRACE
 
 フェアのご予約はこちら

前の5件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

INFORMATION
メールはこちら
ブライダルフェア開催中